投稿者「nanchi」のアーカイブ

欲しいものリストと占いの話

とてもありがたいことにアマゾンの欲しい物リストを公開して欲しいという要望をいただきました。
そんなことを言っていただける方が存在するなんて恐悦至極。
誠に有難いことでございます。

実は以前鶴海さんが女流さんの欲しい物リストをブログで数人分公開していた時に頼まれて私も作ったんですが、作ってみたら趣味の本を並べるリストと化していました。

それは多分求められてるリストではないと思ったので、この度新しく食品だけ集めたやつを作りました。私も正直今は本とか買ってる場合じゃないですしね。
あんまり詳しくは書かないですけど私生活も虚無でしかないので。

これでリストを貼って終わりでもいいんですが、それだけではなんなので小話を一つ。
増田さんが占いに行ったお話をブログに書いてたけど、私も占われた話があってね。
(リストだけ見たい方は一番下までスクロールして下さい)

 

病気療養のため実家に戻って1、2年目の頃。
地元の友人がドライブに誘ってくれて、彼女の車に乗って福島県の五色沼まで行きました。

五色沼の遊歩道を友達と2人で歩いていると、沼のほとりで水彩画を描いているお爺さんがいました。

中々達者な絵を描かれているなあと思いながら脇を通り過ぎました。

丁度おじいさんの横の薮に黒い実のなっている植物があり、それを我々が眺めていたらお爺さんが話しかけてきました。

おじいさん「その実の名前知ってる?」
私「え!?何だっけね??知ってたけど忘れちゃったね?覚えてる?」
友人「えー何だっけ?私も忘れちゃったわー」
(ちなみに正解はヨウシュヤマゴボウ)

多分お爺さんはヤマゴボウのことなんかどうでもよくて
話を始めるきっかけだったんだと後から察したんですが、
お爺さんは全国津々浦々旅をしながら絵を描いているんだそうで
路銀を稼ぐために占いをしている、と。

おじいさん「1人1000円で占うけどどう?」

当時私は病気療養中で収入があまり無かったので当然めっちゃ渋い顔をしました。
と、その渋り顔を見たお爺さん、すかさず

「2人で1000円でもいいよ!」

2人で1000円!1人500円!やっす!!!
ということでじゃあいいかなと占ってもらいました。
占いしながら絵描いて旅してるなんてすごいロックを感じましたし。
聞かれたのは誕生日だけで占いは四柱推命系っぽかったですね。

何を言われたかと言うと…

42歳から幸運の星が巡ってくる。
普通は幸運の星は1度に1つしか巡ってこないけど、私の場合42歳の時に同時に2つの幸運の星がくるからものすごい幸運。
五木ひろしと同じレベルの幸運がくる。
その代わり42歳までは運気薄弱。病気も42歳になれば治る。
ただし運気があまりに激しく変化するため、それに体が耐えられなくて大病してしまうかもしれないし下手したら命も危ういから42歳になったらマジで気をつけた方がいい。
それを乗り越えれば大丈夫だけど、42歳までの運気が細いからそれまで保つかも心配。

みたいなことを言われました。
いや、そんなリスクあるなら2つ同時じゃなくていいから1つずつで2回来てくれよ。
しかも42歳って大分先だなって当時は思いました。
今となっては結構近づいてきたな、みたいな気持ちですけどね…(ヽ’ω`)

当たるも八卦当たらぬも八卦。42歳で病気が治ってくれたら嬉しいんですがね。
あと首を常に布巻いて温めた方がいいよって言われました。

欲しい物リスト↓
http://amzn.asia/0Dhbv6V

さてこのリストどこに置いておこうかな。
大抵はプロフィールとかのとこにある気がするのでその辺に置いておきます。


逆流性食道炎だってお好み焼きが食べたい!!

お好み焼きっていいですよね。私好きです。
豚とかイカとかチーズとか色々入ってて欲しいですね。

昔母が家庭栽培していたミニトマトの処分に困って半分に割ったミニトマトがギッシリ並んだ蓮コラみたいなお好み焼きを作って食卓に出してきたことを思い出します。私はその時納豆ご飯一杯で食事を終えたので味は知りませんが。

母は思いついちゃうと不味いとか美味しいとかよく考えずとりあえず作っちゃう人なので、母の創作料理はめちゃくちゃ美味しい料理から、いやこれはないだろ的料理まで何が出てくるかわからないガチャでした。普通の料理を普通に作らせれば普通に美味しかったので母の名誉のためにそこは強調させて下さい。

一度作っちゃうと満足してすごく美味しい料理も二度目は殆どなかったのは残念でしたが、私も大概そんな感じなので責められません。実験して成功したらその実験のことはもう忘れて次の新しい実験に進むのが楽しいんですよね。

思いついたら止められない、それが血筋…。

というわけで今回は逆食でも食べられるお好み焼きを思いつきました。

 

材料(大きいの2〜3枚分)

キャベツ 400gくらい
だし汁 1カップ
小麦粉 100g
山芋 150gくらい
鶏ムネ 1枚(ササミでもいい)
卵 2+n個(生地に2個、あと仕上げに乗せる分)
塩 少々

作り方

キャベツを千切りにして、ふんわりラップして500W4〜5分程度加熱して冷ましておく。
健常者は生のままでシャキシャキ感でも味わっていればいい。
小麦粉、だし汁、卵2個、塩少々、すりおろした山芋を適当に混ぜる。
鶏肉を2〜3mm程度の厚さにスライス。この写真はちょっと適当に切り過ぎだけど、まあ適当でもいいんだ。薄い方がいいんだけどね。
フライパンに少量のオリーブオイルを敷き、肉を並べて両面さっと焼く。
生地にキャベツを混ぜて、肉の上に盛る。あまりフライパンいっぱいにしないようにしてね。少し隙間がある程度に。
上にも肉を並べよう
ひっくり返す。この生地ゆるい上に逆食制限で油をあまり敷けないのでひっくり返すのは難しいけど、崩れたら寄せ集めときゃ最後は固まってるから気にしない。
キャベツと鶏むねだけじゃ寂しいから卵を乗せようね。ここでフライパンの隙間に大さじ1くらいの水を垂らして蓋をして中火で5分蒸し焼きにしよう。
逆食に優しい半熟卵になったら完成。
逆食マンは減塩だし醤油をかけて食べよう。健常者はマヨでもソースでも好きなものをどうぞ。

 

美味いね。

ソースかけたい

 

 

 


四神降臨とレンタル屋さんと私の映画愛

つい先日のことですが四神降臨2017女流王座決定戦のDVDが出ていることをフォロワーさんに教えていただいて初めて知りました。
レンタル屋さんに置いてあったそうです。

レンタル屋さんに私が映ったDVDが…!?

正直なところ、私はコンプレックスをこじらせすぎて人前に出るのは苦手だし、四神降臨では下手くそな打牌も多かったし、ミスが永遠に晒され続けるのって怖いよねみたいな感情が9割なんですけども、けどもけどもけども

レンタル屋さんに私が映ったDVDが…!?

 

レンタル屋さんに!!!!!!!

 

なんでこんなにレンタル屋さんを強調するかと言うと、レンタル屋さんは私の青春だったからです。

私幼少期から映画が大好きでして、映画が友達でした。
小さい頃は家にある映画とアニメのビデオと映画放送ばかり観ていました。
高校生になったらお小遣いで自分で借りられるようになり、当時隔週水曜日に5本まで旧作100円のキャンペーンが行きつけのレンタル屋さんでやってたので月に10本上限まで借りてました。それ以外でも衛星第二で放映されるやつとか色々見てましたね。
日記に観たい映画リスト作って、観て感想書いて消すんだけど観たい映画が増えるペースのが早いから全然消化できないという。

最寄りの映画館まで片道だけで映画より高い交通費と映画より長い時間がかかるくらい田舎に住んでたので映画はもっぱらレンタル屋さんで借りる物でした。

なぜか家にあったイングリッシュペイシェントが表紙の1998年版ツタヤシネマハンドブックをボロボロになるまで眺めて、知り合いに「カクテルって映画知ってる?」って聞かれたら「観たことないけど青い背景にピンクの字でカクテルって書いてあるジャケットのトムクルーズの恋愛物だよね?」と即答するくらいには読み込んでました。
(余談だが年を追う毎にシネマハントブックは読みやすさ重視になり掲載作品数が少なくっていくのが実に残念でした。私はカタログみたいに大量の映画の情報が載ってるのが好きだったのに。)

 

大学生になって上京しても映画館に行くほど余裕がなかったので、やはり近所のレンタル屋に通いつめました。ジャケットの裏の映画の説明文を読んでるだけでも楽しくて、行くと借りる映画決めるまで1時間から1時間半くらいは滞在して読みまくって吟味してから借りてました。借りる映画が決められなくて3時間経ってた時など軽く自分に引きました。おかげで借りて失敗だと思った映画はないです。

それくらい私はレンタル屋さん大好きっ子だったんですけど病気になって観る本数が激減し、さらに麻雀覚えてからは映画に使ってた時間を全部麻雀に消費してしまうようになったので本当に観る数が減ってしまいました。

中学生から大学卒業くらいまでは年100本以上は普通に観ていたのに今じゃ月1観るか観ないかです。それを思うと少し悲しいですね。最近の映画全然知らないんですよ。

 

映画の感動は一定じゃなくて、その時その時にしか味わえない感動共感がある。

なので後から観たって遅いみたいなのあるんですよね。

 

高校生の頃ナチュラルボーンキラーズがめちゃくちゃ大好きだったのに、今観ても全然感動できないみたいな感じですよ。適切な時に適切な映画と出会うと感動は10倍にも100倍にもなるんです。
JK時代は病んでたのでナチュラルボーンキラーズにトゥルーロマンスを始め、ベーゼモア、トリックベイビー、イージーライダー、キリングゾーイ、デッドマンとかそういうのがめちゃくちゃ大好きでした。今も大好きですけど。

私はケーキの苺を最後まで取っておきたいタイプの人間なのでテルマ&ルイーズとパルプフィクションとストレンジャーザンパラダイスを後の楽しみに取って置いてしまったの本当に後悔してる。多分今から観ても若かった頃ほど響いてこないと思うと、それも悲しくて観るのを躊躇うみたいなダメなループに陥るので観たいと思ったらすぐ観た方がいいですねほんと。

JKの時はクエンティン・タランティーノ、JDなったらジム・ジャームッシュとか言ってるサブカルクソ女だった私は同族嫌悪をこじらせて最終的にはトレマーズが最高とか言って午後のロードショーでやってる感じの絶妙に微妙系映画に傾倒していったりもしましたが、本来はみんな違ってみんないいんです。映画って文化が最高に素晴らしいよね!!!

ところで自慢なんですが「墜ちた天使たち」というオムニバス作品集のVHSのVOL1と2を所持しています。映画ではないんですが30分程度の作品が1巻に3作品収録されており、トム・クルーズ等有名俳優も多数出演な上にお話も中々のクオリティという映画ファンなら見て損はない物なんですが、VHSは絶版だしDVDもおそらく出てないので結構レアです。別にプレミア価格とかにはなってないみたいですが。

ティコムーンていうDVDがレンタル許諾されていないのかなんなのかレンタル屋さんでも観ることが結構困難な良映画があるんですけど、それもまだDVDなど存在しなかった時代に衛星第二で放映されたときにVHSに録画して持ってます。サブカルクソ女にはマジでたまらない映画なのでDVD欲しいんですけど微妙にプレミア価格になってて手を出し渋ってます。

こういうDVDのレンタル許諾がなかったり、そもそもDVDが出てない等の理由で観られない映画って悲しいですよね。バグダットカフェとかも昔そうだったのでVHSを中古で買ったけど今はDVDがちゃんと出ているという。無駄な買い物しました。VHSデッキ壊れちゃったので結局観れてないし。あとは観たがる人に対してレンタル屋さんの在庫が追いついてない映画とか。パリテキサスのことですけど。観たいけど待ちが多過ぎてあれ。

ブルースリーの息子ブランドンリーの遺作にして傑作であるクロウ飛翔伝説って映画があるんですが、これもめちゃくちゃスーパー大大大好きでフィギュアの入ってる限定生産BOXに原作の漫画の日本語訳版にサントラCDも持ってますが、別に万人におすすめはしないので趣味が合うと思った人だけ是非観てみてください。今みたら4Kリマスターブルーレイも出てるとか欲すぎる。困る。

 

それからドイツ映画のノッキンオンヘブンズドア。これも相当好きでDVD買いました。趣味が合うと思った人は是非是非観て欲しいです。

 

蜀山奇傅・天空の剣という映画も小学校にあがる前から大好きなんですが、これは先にあげた映画達とは趣が異なり過ぎて趣味が合うと思った人にも別におすすめしませんが、誰かこれが好きな人と一度語ってみたいです。幼少期にVHSが本当に擦り切れるまで観ました。私の映画好きの原点です。

 

他にもたくさんたくさん大好きな映画はあるんですけど無限に書いちゃうので涙を飲んで終わります。そのくらいレンタル映画文化で育ってきた私なので私が映ってるDVDがその場所にあるってすごく感慨深いということが言いたかっただけです。

 


逆流性食道炎だってハンバーグが食べたい!!

逆食の運命を背負い脂物に別れを告げて数ヶ月
思い出すのは寿司ピザケーキチョコレートにアイス達との楽しかった日々
肉の塊食べたい。。。
そうハンバーグとか…。

ハンバーグ食べたい!!!!

 

でも食べちゃいけないんだって、つらい(´;ω;`)
ほんとつらい…。

仕方ないから鶏ムネササミでそれっぽい物作って気分だけ味わおうね

 

材料

鶏ムネorササミ 雰囲気g
豆腐 1パック
味噌 大さじ1
卵 1個
生パン粉 雰囲気g

 

作り方

鶏肉を包丁ミキサーミンサー等でミンチにする。
売っている鶏ひき肉はどの部位が使われているか分からないので自分でミンチにするしかない。
材料を全部ボールにぶち込む
パン粉は買ってくるの忘れたから無い
粘りがでるまで混ぜる
適当にハンバーグっぽい大きさに成形してよく焼く
逆食マンは油をしくならオリーブオイルで頼む
逆食じゃない人は好きな油で焼いて
色が薄すぎてハンバーグっぽさがないが食感だけはそれっぽい物ができる
味はとても薄いので病人以外は塩を足すか醤油をかけよう
逆食マンは薄味で我慢だ

 

豆腐も鶏肉も白いから100%肉だと思って食べるとダイエットが捗るぞ!

アレンジとしては茹でた人参を細かく刻んだ物を入れると見た目がちょっと素敵になる。

余談だが一度冷凍して半解凍した肉をサイコロ状に切ってミキサーにかけてひき肉を作るやり方があるが、あれは確かにひき肉になれるのだが途中でひっかかかってミキサーが止まってしまいコンセント抜いてリセットボタンおして再起動したりしなくてはならなくなったり、壁に張り付いて回らなくなるのでまめに人力で中身を移動させる必要があるし、さらに後始末とかを考えると全然楽じゃなかった。でも包丁で叩き続けるのはとても疲れるし面倒臭い。困る。

 

まじで油が要らない上に焦げ付かないフライパン先生はコレ


逆流性食道炎だってカレーが食べたい!!

食べるなって言われると食べたくなる。
逆食だってカレーが食べたい今日この頃。

だったら作ろう、逆食カレー

 

まずカレーに使用されがちな逆食マンが摂取すると危険な食品ですが
辛いもの、にんにく、生姜、コショー、たまねぎ、トマト(諸説ある)

とまあこんな感じなので市販のルーは使用できません

というわけで作るなら自分でスパイス調合するしかないですね。
つまりインドカレーです。
ほうれん草などを使用するサグチキンカレーにします。
鶏肉はササミもしくは皮を剥いだムネなら食べてもOKですし。

 

材料(2〜3食分)

クミンパウダー 大さじ1 (消化促進と胃痛に効果があるらしい)
ターメリックパウダー 大さじ1 (消炎鎮痛効果あるらしい)
コリアンダーパウダー 大さじ1 (消化促進と胃腸にいい感じらしい)
カルダモンパウダー 大さじ1 (健胃効果あるらしい)

スパイスはホールで使うと胃の滞留時間が長くなるかも知れないので全部パウダーにしました。

ほうれん草 1袋(150gくらい)
皮を剥いた鶏むね肉 1枚(もしくはササミ2本)
プレーンヨーグルト 200g
コンソメキューブ(鶏ガラスープの素でも) 1〜2個お好みで
豆乳(牛乳でもいい)&水 雰囲気ml
オリーブオイル 少量(逆食マンは絶対オリーブオイルで)

 

作り方

沸騰した湯に塩を入れほうれん草を茹でる。

茹で上がったほうれん草を水にさらして熱を取ったらミキサーで攪拌しドロドロにする。少量の水を入れるとやりやすい。

鍋にオリーブオイルを入れ、スパイスを全部入れて炒める。

スパイスがなんとなく火が通った気がしたら鶏肉を入れさっと炒める

豆乳と水を2〜3食分になりそうな雰囲気で入れてコンソメとほうれん草ペーストも入れてしばらく煮込む。
うちのIHは30分操作がないと勝手に切れるので勝手に切れるまで煮込みました。
(圧力かけるなら加圧5分位でいけると思う)
仕上げにヨーグルトを入れ、塩味が足りなければここで塩を足し再度加熱して完成。
ただし逆食マンは塩の入れすぎ注意です。

まあまあ美味いけど刺激が全くない。
あとコクもない。
玉ねぎもトマトもニンニク生姜も無しじゃ仕方ないね。
でも匂いがカレーなのでカレーの雰囲気は味わえます。
しかしカレーじゃないと思った方が美味しいのであった。

 

綺麗なみどり色にしたければ茹でる時に重曹やら入れたり、ほうれん草を入れてからの煮込み時間を短くするなど色々コツはあれど、別にそんな見た目にこだわらないタチの私なので別にこれで。

仕上げに塩麹を少量入れたり、ほうれん草だけでなく茹でた人参等も一緒にミキサーしたりしてアレンジを加えて何度か作りましたがこれが基礎の作り方となっております。
カルダモンはなくてもいいけど、クミンとコリアンダーは入れないとカレーの雰囲気のふの字もでないので入れて欲しいですね。
逆食の時だけでなく胃腸炎の回復期なんかにもいいんじゃないでしょうか。

 

注意 

このレシピで作ったもので病気が悪化しても責任は負えないのでもし作りたい方は十分注意して自己責任でお願いします。当方は軽度の逆流性食道炎なので重症の方にはスパイスが刺激になるかも知れません。